坂本ラヂヲ株式会社

中目通信

注文したフェラーリをキャンセルした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.04.14

 
 
こんにちは!中目黒の桜が散ってかなり静かになりランチも通常に食べられるようになったので
安心して出社できるようになりました。
桜の時期はランチがどこもいっぱいで餓死しそうになりますからね。


20160414_1.jpg
20140414_3.jpg

さてタイトル通り先週フェラーリF12をキャンセルしました。
あまりネガティブな話題は書きたくなのですがあまりに酷い話だったこととここからの教訓も含めて書きます。

注文したのが昨年の夏で納車予定が今年の2月。近くなったので電話して担当に聞くと遅れて3月。
そして次に電話したら7月に延期とのこと。いくらイタリアでもオカシイ・・・・。
で再度担当に電話したら他の営業から電話があり私の担当者は退社したとのこと。
何の連絡も無く、引継ぎも無く、こちらから連絡して初めて分かった事実が多すぎて
このディーラーは信用ができないなあと感じてました。
フェラーリは社用車(笑)なので3月納車かそれ以降かで大きく意味合いが異なる訳です。
それを強く伝えていたのですが3月には納車できないのかな?とこちらから電話して分かった事実。

優しい私も流石に嫌気がさして後任の担当者にキャンセルしたい旨電話で伝えると「上司と相談します」とのこと。
この回答にもかなりクエスチョンですがまずは謝罪に来ないとと思いました。
会ったこともない後任者から電話で私が後任ですと言われてもね・・・・・国産車でもありえない対応です。
上司と後任者とで飛んで来るのかと思いきや数日経過してからキャンセルをお受けしますとの回答。
どうなんですかね・・・・・・
私が担当なら手土産一つもって土下座しにいきますね。
自分は悪くないのに顧客から「そこまでしなくて良いよ」と言われるのを期待して。(笑)
私なんか優しいからそこまでされたら「仕方ないなあ・・・しっかりしてよ!」ってなってしまいますからね。
トラブルがあった時なんて自分を売り込む絶好のチャンスなんですよね。
その顧客と仲良くなれば後になって笑い話のネタになります。
高額商品を購入するような顧客はもう「モノ」を買っているのではなく「コト」を買っているんです。
高額商品を扱う営業マンはここを理解しないとなりません。
大概高額商品は価格はどこで買っても誰から買っても一緒なんです。
では「どうして」「どこで」「誰から」買うのか?
要はその営業マンが好きか?嫌いか?そこに面白いストーリーがあるのか?
そんなことで購入するんじゃないかなって思います。少なくても私はそうなんですよね。

以前フェラーリを他のディーラーからも購入した経験があるのですがその時にフェラーリJAPANからアンケートがありました。
対応が良くないことを正直に書きました。担当営業は恐らくフェラーリJAPANから叱咤されたと思います。
直ぐに飛んできてキチンと謝罪して状況を説明して頂きました。彼の状況も良く分かり真摯な態度で素晴らしいなあと思ってました。
その後もその営業マンは事有る毎に連絡をくれて試乗車を会社に持って来てくれたり・・・・
試乗車を用意してくれた時には他からF12を購入して暫くはフェラーリの購入予定が無い事も伝えてあったのですが
誠心誠意対応してくれました。今では忌憚無く話が出来る営業マンの一人です。

今回のキャンセルをした担当営業は友人からのご紹介だったので更に残念でした。
何の連絡も無く急に退社したので病気かなとも思ったのですがそうでは無い理由で
チョット無いなあ・・・・というモノで残念の嵐でしたね。

という訳でF12をキャンセルして申込金が戻ればそれで終わりなのですが高額商品の営業とはということを
考えさせられる話です。
数回試乗して申込金を支払うともうF12買っちゃった気がしてたんですけどね。(笑)
488を今から申し込むと納期は1年半くらい後だそうです。
色や仕様を全てカスタマイズ(勿論有料!)出来るのでそれを選んでいるときが一番楽しいんでしょうね。(苦笑)
あああ・・・488注文しようかな・・・・・1年半後に残金支払えるかな?(笑)
物欲オヤジの悩みは尽きません。

ARCHIVE

ページトップへ戻る