坂本ラヂヲ株式会社

中目通信

お金って、そんなにたくさん必要なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.02.17



こんにちは! 坂本ラヂヲ株式会社 代表取締役の坂本雄一です。
私も経営者ですから、今回は「お金」について書いていきたいと思います。

ichiman_1000.jpg
※画像はイメージです。

とは言っても「秒速で1億稼ぐ」みたいな話ではありませんよ(笑)。
さて、ここでひとつ、僕が子供だった頃の思い出話をさせてください。

祖父がお金の事を「おあし」と言っていたので、それを不思議に思って「なんでお金をおあし」って言うの?」と聞いたことがあります。
すると、祖父は「まるで足が生えているみたいに、どんどん逃げていくからだよ」と教えてくれました。
当時は、この話にまったく実感が湧きませんでしたが、大人になった今は、つくづくその通りだと思います(笑)。
大人になれば、ほとんどの人がお金の大切さを知りますし、お金のために働くことになります。
僕は、もちろん、お金はとても大切だと思っていますが、でも、実は一番大事ではない、とも思っています。
会社もそれなりのところまで来たし、暮らしも良くなった今、お金っていうのは僕自身にとっては「空気みたいな物」です。
どういう意味かと言うと、お金っていっぱい有り過ぎてもしょうがない、ということです。

例えば、個人には1兆円の資産とかって、必要ないじゃないですか?
企業なら別ですけどね。
1兆円ポンッともらっても、普通は困っちゃう(笑)。
ちょうど、巨大な部屋の中にたくさん空気があっても、ぜんぶ吸えないのと同じ。

宝くじみたいに3億円とかだとリアルな数字だからピンとくるかもしれないけど、1兆円だとよくわからない(笑)。
服に時計にカメラとか、3億あれば普通に暮らしていてほしいと思う物はほとんど買えますからね。
車買い出すとちょっと足りないかなぁ(笑)。

ferrari_1000.jpg
※画像はイメージ。フェラーリ公式サイト(http://auto.ferrari.com/)より

でも、3億円あったら、1億円で家買って、1億円は投資とか貯金、1億は散財する、みたいなストーリーはイメージできますよね。
ま、だから人間フツーは3億円もあったら十分なんじゃないか、みたいな話です(笑)。
そう考えると、必要以上にたくさん呼吸する意味がないのと同じで、お金も必要以上に持っていてもあんまり意味がないんですよ。

空気がなければ10分も生きていられないし、火も燃やせないし、文明だって生まれなかった。
だから、空気はとても大事だけど、1人の人間に対して「200年分の空気です、あなたのものですよ」とか渡されても嬉しくない(笑)。

お金は必要な分だけあればいいんです。
結局、お金は幸福になるためにあるツールでしかないですからね。

だから、例えば、詐欺でもうけたり、人を踏みにじって得たお金には意味がない。
オレオレ詐欺で3億円を手に入れたとして、それで幸せな気分にはなれないでしょう。

お金はツールで、幸せになるためにあるものということを忘れて、お金を稼ぐことだけが目的になってしまうのは本末転倒だよなぁ、と思います。
空気と同じで、最低限の量は絶対要るけど、必要以上には要らないんです。

あ、ちなみに、僕は1兆円あったらマンション経営しますね(笑)。
意外と堅実でしょ?


当社ブランドGRAMAS(グラマス)について

GRAMAS 最新情報

新作やキャンペーンの情報につきましては、以下のページをご覧ください。
GRAMAS:公式オンラインショップ
GRAMAS:公式Twitter
GRAMAS:公式Instagram

GRAMAS 販売店舗

GRAMAS製品の実物は、以下リンク先店舗にて、ぜひ、ごらんください。
GRAMAS GINZA ONE

お問い合わせ先

GRAMAS製品に関するお問い合わせは、以下のページより承ります。
当社ユーザーサポート(坂本ラヂヲ株式会社)

ARCHIVE

ページトップへ戻る