坂本ラヂヲ株式会社

中目通信

百貨店で外商を付ける方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.03.10



こんにちは! 坂本ラヂヲ株式会社 代表取締役の坂本雄一です。

前回のブログでは、百貨店の外商さんについて書きました。

外商さんとは、簡単にいってしまえば、得意客につくコンシェルジュで、ロレックスの『デイトナ』やエルメスの『バーキン』が入手困難なタイミングで定価で買えるようにしてくれる人です(笑)。

また、この外商さんが付くことで、ほとんどの商品に10パーセントのポイント還元がついたり、専用の駐車場が使えたり、クローズドの販売会に入れたり......などなど、とにかく沢山のメリットがあるのですが......。

では、この外商さん、どうしたら付いてくれるのか? と疑問に思いますよね。

どうやら、これは一概には言えない話のようですが、「クラブ・オン/ミレニアムポイントカード」などを所持していて、こちらがどれくらいの頻度でいくら買い物をしているかを百貨店側が把握できる状態にしておくことは必要みたいですね。

合体pic_02_01_01.png

※画像は7CSカードサービス公式サイトより

当たり前の話ですが、名乗ることもなく現金で買い物ばかりしていては、いくら使おうがこちらがどこの誰かわかりようがないので、外商さんを付けてもらうことはできません。

僕の場合は、もともと、嫁がよく西武百貨店で買い物をしていたので、まず、彼女に「外商をつけませんか?」という提案がきました。
その時に、なんか「イラッ」として(爆笑)、「なんで、僕にはつかないの!?」みたいな話をしたら担当が決まった、という流れです。

ちなみに、その時の金額はそれほど派手なものじゃなくて、たぶん15万円くらいだったんじゃないかなと思います。
1年位は毎月コンスタントにお買い物をしていたと思いますけどね。

そして、やっぱり外商付きになると、使う金額が増えるんですよね(笑)。
売り場の対応も全然変わるし(爆笑)。

うちの嫁は、ディオールが好きでよくそこで服を買っているんだけど「靴はルブタンにしたいかな......それともフェラガモかな」と言っていると、外商さんがディオールのお店まで別のブランドの靴を持ってきてくれる......というね、そこまでしてくれる(笑)。

ま、こういうこと書くと、「勝手に人のこと書かないでよ」って嫁が怒りそうだけど(爆笑)。


あと、僕がうれしかったのは、ポルシェのレゴ話。

LEGO_42056_Box1_in_1488.png

※画像はレゴ公式サイトより

当時、これが欲しかったんだけど、限定品だからどこにも売っていなくて、レゴに問い合わせても在庫なし。
そうしたら、これを僕の外商さんがヤフオクでみつけて「坂本さん、買っておきましょうか?」と連絡があって、手に入れてくれました。
もちろん、西武百貨店の売上にはならないのですが、ここまでやってくれるのか、というのには感動しましたね。

さらに外商さんというのはすごく、てその人の家の間取り、家族構成、年齢がちゃんと頭に入っているのです。
息子が大学に受かったら「お祝いにロレックスはいかがですか?」と電話が来て、自宅を改装したら「廊下の角にぴったりの照明があります」、とまぁ、こういう具合でこういう提案がくるわけです。

前に僕が買ったものも覚えていて「前に買ったあの黒いベルト、赤も欲しいんだよね」とか「あの靴、緑でも作っといてくれる?」という程度の会話で、ちゃんと品物が届きます。
「型番はなんでしょう?」なんて野暮な質問はせずに「あれ」「この前の」という程度で、きちんとわかってくれるのは、さすがだと思います。

もちろん、ファッションやアート、食べ物やお酒に関する知識も豊富なので、一緒に買い物をするのも楽しい。
僕なんかは成金だから、実際のところ外商さんに教えていただくことも多いです(笑)

とまぁ、こんな感じで、外商さんという人は顧客を喜ばせるためならほとんど何でもしてくれるし、「欲しかった物がどこにも無かったけど、やっと買えたよ」といってもらうために全力で働いてくれるすごい人なんですよ。

ま、僕も知ったのは、つい最近だけどね(笑)

当社ブランドGRAMAS(グラマス)について

GRAMAS 最新情報

新作やキャンペーンの情報につきましては、以下のページをご覧ください。
GRAMAS:公式オンラインショップ
GRAMAS:公式Twitter
GRAMAS:公式Instagram

GRAMAS 販売店舗

GRAMAS製品の実物は、以下リンク先店舗にて、ぜひ、ごらんください。
GRAMAS GINZA ONE

お問い合わせ先

GRAMAS製品に関するお問い合わせは、以下のページより承ります。
当社ユーザーサポート(坂本ラヂヲ株式会社)

ARCHIVE

ページトップへ戻る